海の幸&山の幸がいっぱい 新潟のご当地メニュー

新潟は米どころとして有名ですが、ほかにも海産物や野菜も豊富な地域です。
グルメ通の北大路魯山人監修の「わっぱ飯」や、お正月に欠かせない「のっぺ汁」、地元名産の食用菊を使ったものから人気の屋台スイーツまで、新潟県民に親しみのあるメニューを給食用にアレンジしてみました!普段食べない食材や新しい食べ方を取り入れて、もっと食事の時間を充実させちゃいましょう♪

蒸したごはんと食材の旨味が絶品! わっぱ飯

わっぱとは、薄い杉の板を曲げて作られた容器のことで、そこへごはんと具を入れて蒸し上げる新潟の郷土料理です。新潟の名物でもある鮭やイクラを入れたり、カニ、タイ、ノドグロなどの旬の海鮮がよく使われます。
食べる時期に合わせて、山菜や野菜も取り入れてみるのもおすすめですよ!

具だくさん&とろみで満足感のある1品! のっぺ汁

新潟の冠婚葬祭やお正月に欠かせない郷土料理です。
里いものとろみを利用した汁物で、さまざまな食感や彩りの具がたくさん入っていて、貝柱が加わるとより本格的になります。冷やして食べてもおいしいですよ!

ゆで加減がおいしさのポイント! 菊の花のなます

新潟では食用菊の栽培がさかんで、「かきのもと」と呼ぶこともあります。シャキシャキとした歯ごたえを残すように、サッとゆでるのがコツです。
香りを楽しめるよう、なますやおひたしなどのシンプルな味付けで食べられることが多いですよ。

黒糖の香りとモチモチ食感♪ ぽっぽ焼き

新潟の屋台で親しまれてきた、黒糖入りの懐かしい風味のするお菓子です。焼いて作られることが多いのですが、蒸しても美味しく食べられます。
さつまいもや栗など、旬の食材を混ぜ込んで食感をプラスしてもいいですね。