よく噛んで食べよう!カミカミレシピ

子どもたちは、毎日の食事を通して噛む練習を積み重ねています。
やわらかかったり噛まずに食べられるものを好みがちな子どもたちだからこそ、カミカミが必要なメニューを取り入れたいですね。
切り方は噛みごたえをだすためにみじん切りではなく少し大きめに。
食材は固いものを選ぶというよりは、いろいろなものを食べ、いろいろな食感を感じさせてあげることがポイントです。
噛めば噛むほどに甘みがでるごはんと合わせて、ゆっくり噛んで食べることを楽しみましょう。

暑い季節にはさっぱりと☆ きゅうりとわかめの酢の物

適度な食感があるきゅうりと、よく噛んで食べたい海藻類の組み合わせです。暑い季節にはさっぱりとした酢の物もおすすめです。

食感の違いを楽しんで 豆腐のきのこあんかけ

噛まずに飲み込める絹豆腐に、噛みごたえのあるきのこのあんをかけて、食感の違いを楽しみます。

野菜やきのこの食感の違いを楽しんで 厚揚げと野菜のみそ炒め

厚揚げは表面がかたくなりがちですが、最後に水溶き片栗粉でとじることで食べやすくなります。野菜やきのこの食感の違いも楽しみながら、よく噛んで食べたいですね。

よく噛んで旬の美味しさを味わう 牛肉とごぼうのしぐれ煮

新ごぼうは普通のごぼうと比べてやわらかく、香りが高いです。初夏に出回る野菜なので、よく噛むことと合わせて旬の美味しさを伝えたいですね。