夏に食べたい!のどごしさわやか、冷やし麺

夏になると食べたくなるのがそうめんや冷やし中華などの「冷やし麺」。手軽に作れますし、子どもが食欲がない時でも食べやすいメニューですよね。
冷やし麺ひとつで栄養バランスを整えるコツは、野菜やたんぱく質の多い食材をトッピングに使うこと。たんぱく質は肉・卵などのほか、ツナ缶やハムなどを使えばより手軽にプラスできます。トマトやきゅうりなどの野菜を盛れば彩りもアップ!見た目も楽しい一品になりますよ。

夏野菜をたっぷり飾って そうめん

暑い夏に冷たいのどごしがうれしいそうめんに、夏野菜をたっぷり飾ります。
野菜はそうめんと別のお皿にのせておき、好きな量を好きなように飾らせてあげると野菜を食べるきっかけにもなるでしょう。子どもが集まるときなどにもおすすめです。

苦手な野菜も食べやすく ジャージャー麺

苦手な野菜も小さく切った野菜がひき肉と合わさり、とろみを付けることによって食べやすくなります。
大人は最後に豆板醤を加えても美味しいですよ!

そうめんや豆腐にかけても! ジャージャーうどん

うどんのアレンジレシピです。うどんにからめて食べるので、肉みその味付けはしっかりめに。
うどん以外にもそうめんや豆腐などにかけてもいいですね!

暑い日のランチに! 冷やし中華

お酢の入ったさっぱりとしたタレで食べる冷やし中華は、暑い日のランチにおすすめです。
トマトやきゅうりなどの夏野菜も積極的に取り入れたいですね。

ちゅるちゅるお箸がすすむ! パスタサラダ

量を増やせばメイン料理にもなりそな、パスタを使ったサラダです。
マヨネーズとケチャップを合わせたオーロラソースで和えると、パクパクちゅるちゅるお箸がすすみます。