保育園の離乳食~トマト・うどん編~

トマトとうどんと聞くと意外な組み合わせに思われるかもしれませんが、実は相性ばっちりです。さっぱりしているので、食が進まないときにもおすすめです。
トマトは加熱することで甘みが引き立ち美味しくなるので、トマトが苦手なお子さんにも食べやすいですよ。

離乳食ではトマトの皮や種は取り除いてから使います。
にんじんやたまねぎなどのかたい野菜は、小さく切ってからゆでるとやわらかくなりにくいので、大きめに切ってゆでたあと、小さく切ったりつぶしたりするといいでしょう。大人の分と一緒に煮て、途中で取り分けて使うのもいいですね。

食欲のない日もおすすめのさっぱり味 トマトうどん(離乳食9~11ヵ月頃)

栄養満点なトマトを使った煮込みうどんです。トマトのさっぱりとした味は、これからの季節におすすめの一品です。
うどんはゆでる前に手で細かく折っておくと、切る手間がなく簡単ですよ。

煮ることでトマトの美味しさが引き立つ トマトうどんのくたくた煮(離乳食7,8ヵ月頃)

うどんは指で簡単につぶせるくらいまでやわらかくゆでます。トマトは加熱することで酸味がやわらぎ甘さが引き立ちます。
大根やブロッコリーの穂先を入れるのもおすすめですよ。

冷凍保存もOK トマトうどんのくたくた煮(離乳食5,6ヵ月頃)

トマトはうどんとの相性も抜群です。
うどんはゆでたらなめらかになるまですりつぶして、水分を足しながら溶きのばします。冷凍もできるので、多めに作って保存しておくと便利です。