おうちごはんにアレンジ!<br>保育園の人気メニュー:12月

12月のメニューは「キャンドルクレープ」「リースサラダ」「トマトスープ」「筑前煮」です。
12月の声を聞いた途端、なぜか気持ちが気ぜわしくなるから不思議ですね。"1年の経つのは早い!"なんてあちらこちらから聞こえてきそうですが、お子さんの日々の成長を目のあたりにされていると、余計に月日の流れを実感されるのではないでしょうか。

さて、今月のメニューでは「キャンドルクレープ」に「リースサラダ」と、クリスマスにおすすめのレシピを取り入れてみました。
ツリーやプレゼントと一緒に準備することも多いキャンドルですが、これはアドベントキャンドルと呼ばれ、クリスマスの4週間前からゆっくりと時間をかけて準備するものだそうです。イエス・キリストの誕生を祝う12月25日。その当日よりも、1ヵ月も前からクリスマスの準備をすることがとても大切な行事だということをご存知でしたか?
リースに4本のろうそくを立て、毎日曜日に1本ずつ灯していき、4週目には4本すべてのキャンドルに火を灯します。5本目のキャンドルを真ん中に立てる場合もあり、その5本目はイブかクリスマス当日に灯します。
そして、これらのキャンドルには希望・平和・喜び・愛と1本1本に意味があり、最後の5本目はイエス・キリストの誕生を祝うために灯すのだそうです。
リースの円の形にも「終わりのない」とか「永遠」という意味があり、緑色の葉が強い生命力を、松ぼっくりやりんごの飾りが豊作祈願を表すとか。
こうした由来を知り、思いを馳せてみると、かわいらしいクリスマスレシピもちょっと違って見えてきたりしませんか?
HAPIKUにはイベントレシピも満載です。お子さんと一緒に作ったら、クリスマスも2倍、3倍に楽しめること請け合いです。

第1週目「キャンドルクレープ」のレシピを公開しました。
その他のレシピは次週以降お楽しみに!

「もうひとつ!」のリクエストが殺到しそう キャンドルクレープ

いちごをろうそくの炎に見立てたクレープです。かわいい見た目で子どもも喜ぶこと間違いなしのメニューです。
バナナのカリウム・食物繊維、いちごのビタミンCがたっぷり摂れます。