味付けに変化をもたせて♪夏野菜たっぷりバランス献立!

夏野菜をふんだんに使った栄養満点の献立です。夏野菜は色の鮮やかなものが多く、食卓に彩りを与えてくれます。
苦手な食材がある子どもには、味付けを少し工夫してみることで食べてくれることもあります。特に子どもの味覚は甘味以外に「旨み」を好む傾向にあります。少し濃いめにだしをとって料理に使ったり、炒め物なら最後に鰹節を混ぜるだけでも旨みがプラスされて美味しくなりますよ。旨みには少量の塩分でも美味しく感じる効果があるので、塩分の摂りすぎが気になる大人の方にもおすすめです。
今回も豆腐チャンプルーにかつお節を使っていて、副菜のトマトにも実は旨みがたっぷり含まれています。酸味が強めのトマトは少し加熱してあげることで酸味が抑えられ食べやすくなりますよ。

ある日の献立ある日の献立

お昼ごはん

おやつ

かつおが味のポイント 豆腐チャンプルー

最後にかつお節を加えることで、かつおの風味が口の中に広がり、味のポイントになります。
にらも苦手な子どもが多いですが、卵で包むと食べやすいですよ。

緑黄色野菜を使ったサラダ 青菜とトマトのサラダ

トマトはそのまま食べても美味しいですが、切ってドレッシングで和えるとさっぱりとした1品のできあがりです。
トマトやほうれん草などの緑黄色野菜と合わせれば、栄養面だけでなく、食卓に彩りも与えてくれますね。

かぼちゃの甘味でやさしい味付け かぼちゃのみそ汁

かぼちゃの甘味でやさしい味付けのみそ汁です。かぼちゃもにんじんも、鼻やのどの粘膜を保護するビタミンA(β-カロテン)が豊富です。
油で調理することで吸収力がアップするので、先にごま油などで炒めてからだし汁を加えて煮てもいいですね。

もちもちぷるん♪ 豆乳もち

もちもちぷるんと口当たりのいいおやつです。
作り方は簡単で、牛乳でも作れます。