秋らしい色を添えて♪十五夜の日の献立

秋の行事「お月見」の日には、お月さまに見立てたおかずやおやつの献立がぴったり!
「お月さまはどこに隠れているかな?」と声をかけると、子どもたちも食事の時間が楽しくなり、食に興味を持ってくれるかも。 旬の食材、里いもやきのこも取り入れて、秋を満喫してくださいね♪

ある日の献立ある日の献立

お昼ごはん

おやつ

揚げずに作れる スコッチエッグ

子どもが食べやすいようにうずらの卵で作りました。丸い形は誤飲しやすいので、うずらの卵を半分に切ると◎
固ゆでにする場合は、常温に戻したうずらの卵を熱湯に3分半入れるのが目安です。ゆでる前に卵の丸い方にヒビを入れたり、ゆでた後すぐに冷やすと殻がむきやすくなりますよ!

お肉を加えてコクを出す 里いものそぼろ煮

里いもから出てくるとろみで、片栗粉要らず!とろっとしたそぼろと里いもが絡んでおいしい一品です。
鶏肉から出る旨味がだしと合わさって、コクのある味に仕上がりますよ。

ホッとする甘味とうま味 たまねぎとしめじのみそ汁

たまねぎはうま味成分が多いことから、西洋料理の煮込み料理やスープに欠かせない食材です。
食材のうま味が合わさって、心もおなかもやさしく満たしてくれますよ。たまねぎはやわらかくなるまで煮込むと、甘味も十分に引き出せます。

まぁるいお月さま お月見プリン

桃の位置が安定しにくい場合は、固まったプリンの中央を浅くすくってくぼませると◎
見た目だけではどんな食材を使っているのか分かりにくいので、子どもたちにクイズを出して楽しんでみるのもいいですね!