魚嫌いでも大丈夫!かじきの唐揚げがメインの献立

海に囲まれた日本では昔からよく魚を食べてきましたが、最近では魚が食卓にのぼることが減ってきているようです。「調理が大変」「骨があって食べにくい」などの理由から、お肉料理が多くなっているのかもしれませんね。
しかし魚には、記憶力アップに役立つといわれるDHA・EPA、骨の形成にかかわるビタミンDなど、お肉にはない栄養が豊富に含まれています。お肉に偏らず、お魚も上手に取り入れられるといいですね。

今回の献立に使用しているかじきには骨がほとんどないので、調理がしやすく子どもにも食べやすいかと思います。食感もお肉に似ているので、お魚が苦手なお子さんにもおすすめですよ。
お魚といえば和食のイメージがありますが、唐揚げにすれば洋食メニューとも合います。副菜と汁物にはビタミンや食物繊維など野菜がたっぷり食べられるメニューを組み合わせました。

ある日の献立ある日の献立

お昼ごはん

おやつ

カラッと揚げて食べやすい かじきの唐揚げ

片栗粉だけでもOK。
火を通すとかたくなる魚は、揚げ物にすると食べやすいです。

しゃきしゃき感を楽しんで♪ ほうれん草ともやしのナムル

しょうゆとごま油のシンプルなナムルです。
調味料を加えると、野菜から水分が出てくるので、和えたあとは早めに食べることをおすすめします。
もやしのしゃきしゃきの食感を楽しみましょう。

いろいろな野菜を使って 根菜のミネストローネ

いろいろな野菜を使ってスープを作りましょう。
トマト缶は熱湯をかけて皮をむいた湯むきトマトでも代用できます。ベーコンから旨みが出ますが、コンソメを少し足しても味がしまります。
お好みで水とトマト缶の割合をかえてみるといいでしょう。

子どもと一緒に作れる かぼちゃの茶巾

子どもと一緒に、茶巾絞りに干しぶどうで顔を作ったりしても楽しいですね。
かぼちゃの水分量によって仕上がりが変わり、やわらかすぎると茶巾になりにくいので、ゆで時間や水加減が重要です。
かぼちゃの甘味により、砂糖の量は加減してくださいね。