保育園の離乳食~豆腐・野菜編~

保育園ではその日の乳幼児のメニューの食材を使った取り分け離乳食が基本です。
今回は、豆腐と野菜をメインに使った離乳食をご紹介。この日の乳幼児のメニューは「揚げだし豆腐」と「ひじきの炒め煮」です。
やわらかい豆腐は、離乳食のスタート時期からたんぱく源として重宝する食材です。大人はそのまま食べますが、離乳食では加熱してから与えます。

豆腐はみそ汁の具の定番でもあるので、大人のみそ汁のみそを加える前のものを離乳食用に取り分けるといいですね。
はじめの頃は水分の多い絹ごし豆腐がつぶしやすく、口あたりもいいのでおすすめです。
9~11ヵ月ごろになり、調理法のバリエーションが増え、炒めたり焼いたりする場合には、木綿豆腐がいいでしょう。カルシウムは木綿豆腐により多く含まれています。

大人も赤ちゃんも一緒に食べられるものを意識して作ると、自然と大人も野菜の摂取量が増えますよ♪

しっかりゆでて野菜も食べやすく 豆腐の野菜あんかけ(離乳食9~11ヵ月頃)

少し大きさのあるものも食べられるようになってきますが、やわらかくゆでてあげるのが基本です。野菜も豆腐と一緒に違和感なく食べられるようにしっかりゆでてあげましょう。

あんかけのとろみで食べやすい一品 豆腐の野菜あんかけ(離乳食7,8ヵ月頃)

あんかけのとろみで食べやすい一品です。
野菜はあらかじめゆでて冷凍しておけば、だし汁に加えて解凍し、とろみを付ければあんかけができるので、短い時間で調理できますよ。

口当たりのいい豆腐と野菜の離乳食 とろとろ豆腐の野菜あんかけ(離乳食5,6ヵ月頃)

豆腐は口当たりのよい絹豆腐を選ぶとよいでしょう。
野菜あんはつぶしてから水溶き片栗粉を火にかけて作ったとろみ汁を加えて混ぜて、とろみを付けると食べやすくなります。