簡単でおいしい!「手づかみ食べ」おすすめメニュー

「手づかみ食べ」とはその名の通り、赤ちゃんが自分の手で食べ物を持って食べることをいいます。
赤ちゃんは手づかみ食べで多くのことを学びます。食べ物の感触や温度、口に運ぶまでの動作や、テーブルや床にこぼれた食べ物まで、赤ちゃんにとってはひとつひとつがとても新鮮なことです。手づかみ食べの一連の動作で、赤ちゃんの好奇心や五感が刺激され、脳の発育に良い影響を与えるといわれています。
最初はうまく食べることができないので、口やテーブルなど周りを汚してしまうこともあるでしょう。まだ上手に食べられないうちは、手づかみ食べがしやすいメニューを選ぶのがおすすめですよ。

お豆腐を加えて軽い食感に チキンナゲット

チキンナゲットは子どもが大好きな人気のレシピです。
豆腐を加えているので口当たりはふわっと軽い食感に仕上がります。水っぽくならないように、豆腐はあらかじめ軽く水気を切っておくのがポイントです。
おかずだけでなくおやつにもおすすめですよ。

パクっと食べやすい ごはんのお好み焼き

ごはんに卵やいろいろな具材を混ぜ込んで、フライパンで焼くだけ!パクっと食べやすくておやつにおすすめですよ。
入れる具材は冷蔵庫にあるものでアレンジしても♪

サクっとして気軽に食べられる! ささみのフィンガーフライ

サクっとして気軽に食べやすい一品です。
つなぎに卵を使わないので、卵アレルギーの子どもも一緒に食べられます。

手づかみでパクパク食べやすい! さつまいもスティック

手づかみでパクパク食べやすい、簡単おやつです。塩を少しふりかけることで、さつまいもの甘さがひきたちます。油と一緒に少しバターを加えると風味豊かに仕上がります。

手にくっつきづらく食べやすい ごはんのきな粉団子

白玉のお団子は喉に詰まる心配があり、小さい子どもには向きませんが、このお団子はごはん粒を白玉粉でコーティングするようなイメージです。
おにぎりのように手にごはん粒が手にくっつきづらく、白玉団子よりも噛み切りやすいことが特徴です。

パクパク食べてくれること間違いなし! タラのフィッシュボール

パサパサしていて食べづらいタラも、じゃがいもと合わせてお団子にすれば食べやすいです。
少し手間はかかりますが、パクパク食べてくれること間違いなしのメニューです。
このレシピのキーワード:
手づかみ食べ