夏バテ予防にお肉!スタミナ満点肉料理

この時期子どもの食欲がないなと思ったら、もしかすると夏バテかもしれません。夏バテは大人がかかるイメージがありますが、実は子どもも夏バテになることがあります。
夏バテには、睡眠・食事をしっかりとることが大切。夏場はそうめんなど炭水化物がメインの食事が多くなりがちなので、栄養バランスが偏りやすくなります。肉・魚・卵などたんぱく質を含む食材をしっかり摂るようにしましょう。
今回は夏バテ予防におすすめな、お肉を使ったスタミナ満点メニューを紹介します。

香ばしいごまと甘じょっぱい鶏の風味が人気 鶏肉のごま焼き

ごまは、約50%が脂質、約20%がたんぱく質、その他ビタミンB・食物繊維・カルシウム・鉄分・ビタミンEなどが含まれる万能食材です。風味も豊かなので、ぜひいろいろな料理に利用してみてください。そのまま利用してもいいですが、すりごまなどにするとより消化しやすくなります。ごま和えなどにはすりごまを活用しましょう。

ビタミンB1が豊富な豚肉を食べやすく丼で 豚丼

最後に白いりごまを散らすことで、ごまの風味が口の中に広がって味のポイントに。だしは、幼児用なので酒の比率を砂糖、しょうゆと同じにします。この比率を覚えておくと、幼児食作りに便利ですよ。また、酒やみりんのアルコール分が飛ぶように、火をよく通すことも忘れずに。

たまねぎでお肉をやわらかく タンドリーチキン

たまねぎをすりおろしたものにお肉を漬け込むことで、たまねぎの酵素によりお肉がやわらかくなります。漬け込む時間の目安は1時間~3時間程度です。

ビタミンB1が豊富 豚しゃぶ

夏らしい色鮮やかな一品です。
疲れやすく、食欲が落ちる夏バテのような症状には、ビタミンB1が豊富な豚肉料理がおすすめです。

お弁当の定番 鶏の唐揚げ

お弁当の定番ともいえる一品です。
お肉を切って下味を付けたものは、小分けして冷凍しておくと便利です。使いたいときに解凍して、粉をまぶして揚げましょう。
ピックをさしてあげると食べやすく、特別感もでますね。

よく噛んで旬の美味しさを味わう 牛肉とごぼうのしぐれ煮

新ごぼうは普通のごぼうと比べてやわらかく、香りが高いです。初夏に出回る野菜なので、よく噛むことと合わせて旬の美味しさを伝えたいですね。