苗を植えて1週間、早くもミニトマトのつぼみ発見♪トウモロコシ12株を植える!の巻

手ぶらで通える話題の「シェア畑」で、野菜づくり
誰でもできる野菜づくり、本格的な農園体験が楽しめる「シェア畑」。
前回の作業で他の畑にだいぶ追いついたHAPIKU畑。野菜たちの育ち具合は…?害虫や病気への対策はどうすれば…?
HAPIKU畑からのリポート、第4弾です♪

わき芽の取り方、追肥の時期と方法を説明いただいた後は、自分たちの畑で作業開始です。

 

farm006_img10
これがミニトマトのわき芽!

まずはわき芽取り。「わき芽」とは葉や茎の付け根から出る芽のことですが、言葉で説明されてもわかりづらいですよね。写真の○で囲っている部分が「わき芽」です。

 

まだ植えて1週間程なので、そこまでわき芽も出ていませんが、下村さんにどれがわき芽なのかを教えてもらいながら、少しばかりわき芽を取りました。

 

まだまだ植えます、夏野菜!

わき芽取りのあと、空いているスペースにトウモロコシの苗を植えました。

空いているスペースを耕し、黒いビニールシートをかぶせ・・・。前回苗を植えたときと同じ要領で作業を進めます。

 

キュウリの隣りにトウモロコシの苗を12株植えました。

アドバイザーの下村さん曰く、トウモロコシのオススメは何と言っても"ヤングコーン"!普段なかなかお目にかかることのできない生のヤングコーンを収穫できるのが、トウモロコシを苗から育てる魅力なのだそうです。

farm007_img01
作業にもすっかり慣れてきました。
トウモロコシの苗。上手に育つといいな!

最後に”HAPIKU農園部“の看板を畑に立て、心地よい達成感と充実感を胸に帰路につくのでした。

 

farm007_img09.jpg
"HAPIKU農園部”の看板!ハピくんが目印です。

 

100koto-parts_02

 

 

子どもと一緒に、土や自然に触れながら農園体験してみたい!

プランターで栽培した経験はあるけど、家庭菜園はなかなか敷居高くて…。
そんなご家族の皆さん、ぜひ「シェア畑」を一度見学してみてはいかが?

シェア畑には、農具以外にも、栽培に必要なあらゆる道具が常備されていて、使い方がわからなくても、どんな小さな質問でも、アドバイザーのみなさんが丁寧に教えてくれるので安心!

HAPIKU経由で見学のお申込みをされた方には、特典として「ブロッコリースプラウトの水耕栽培キット」をプレゼント!見学お申込みの際に、フォームの「ご質問など」欄に「HAPIKUを見た」と明記してください。お電話でのお申込みの場合は、お電話口で「HAPIKUを見た」とお伝えください。

 

次回もお楽しみに♪