保育園の離乳食~肉団子編~

たんぱく質補給に最適な肉団子の離乳食レシピをご紹介します。
肉のたんぱく質は必須アミノ酸のバランスがよく、良質なたんぱく質を摂ることができます。
肉団子に使うひき肉は、離乳食では脂肪分の少ない鶏むねひき肉を使いましょう。そのままだと口の中で散らばって食べにくいことがありますが、豆腐を加えることでつなぎの代わりになるのに加え、ふんわりとした食感で食べやすくなります。
離乳食初期ではひき肉はまだ食べられないので、この時期のたんぱく源にオススメのお豆腐を使ったペーストをご紹介します。

食材いろいろで栄養たっぷり! 肉団子のひじき煮(離乳食9~11ヵ月頃)

肉団子にひじきやにんじん、さやいんげんなどの食材も加え、栄養たっぷりな一品です。
汁にとろみを付けることで、口の中で食材が散らばりにくく食べやすくなります。

豆腐を加えて食べやすく 肉団子のつぶし煮(離乳食7,8ヵ月頃)

肉団子は豆腐を少し加えることでふんわりとした仕上がりになります。
さやいんげんやにんじんなどの色付きの野菜を加えることで食べるのが楽しくなりますね。

たんぱく質デビューに 豆腐のペースト(離乳食5,6ヵ月頃)

離乳食初期におすすめのメニューです。豆腐は食べやすいように裏ごしをして滑らかにするのがポイントです。
豆腐は初めてのたんぱく質源としておすすめの食材です。