保育園の離乳食~3種の野菜編~

保育園ではその日の乳幼児のメニューの食材を使った取り分け離乳食が基本です。
それでもあまり離乳食に使いづらい食材が多い日は、離乳食の定番野菜「にんじん・じゃがいも」の登場です。
これらの野菜は比較的家庭にも常備されていることが多いので、取り分けに悩んだときはこういった野菜に助けてもらいましょう。

手間をかけた料理はたくさん食べてくれたときの喜びはひとしおですが、食べてくれなかったときのショックも大きいものです。
特に離乳食は、赤ちゃんのご機嫌や気分によって食べむらも出がちなので、自分が負担に感じないレシピをたくさんレパートリーとして持っておくといいですね。

青のりや粉チーズでアレンジしても◎ 3種の野菜盛り(離乳食9~11ヵ月頃)

野菜はだし汁でゆでることで美味しさが引き立ちます。青のりや粉チーズを少しふりかけてアレンジしてあげるのもいいでしょう。

ブロッコリーの穂先はとろみを付けて 3種の野菜盛り(離乳食7,8ヵ月頃)

ブロッコリーは穂先だけを切るとバラバラとなって食べづらいので、とろみを付けてあげるといいでしょう。

ひとつのお鍋でまとめてゆでてOK! 3種の野菜ペースト(離乳食5,6ヵ月頃)

野菜は全部ひとつのお鍋でゆでてOK。昆布やかつおなどのだし汁でゆでると、より野菜が美味しくなります。ゆでたスープは野菜スープとして美味しくいただけます。大人が飲むときは、塩を少し加えて味付けするといいですね。