子どもに大人気♪いろいろ揚げ物レシピ

揚げ物のメニューは子どもに大人気。苦手な食材でも、揚げ物にすると食べてくれることも多いです。揚げ物料理はアイデア次第でいろいろなメニューが楽しめるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!
ただし揚げ物は油分が多く、食べ過ぎには注意が必要です。栄養バランスの偏りを招いたり、胃に負担がかかるので、揚げ物メニューは週に1〜2回に留めておくのが◎。献立は副菜やスープなどで野菜もしっかり摂れるように工夫しましょう。

卵を使わないコロッケ さつまいもコロッケ

卵を使わないコロッケです。
たまねぎはなるべく細かくみじん切りにし、さつまいもと合わせて混ぜて、形を整えたらしっかりと握ることが、バラバラとくずれないポイントです。
すべて火を通してあるので、揚げるときは表面がきつね色になればOK。揚げている間はなるべくさわらないようにしましょう。

ごま油の風味が美味しい 大豆と干しえびのかき揚げ

ごま油の風味の美味しいかき揚げです。
大豆もじゃがいもと一緒に揚げることで食べごたえがでてメイン料理になりますよ♪

小麦粉や卵を使わなくてもできる! 鶏肉の竜田揚げ

みんな大好き、揚げ物の定番メニューです。唐揚げと違い、小麦粉や卵を使わないので、アレルギーのお子様も一緒に食べられるメニューです。

ちくわでも作れる タラの磯辺揚げ

タラの代わりにちくわなどでも美味しいですよ。青のりは不足しがちな鉄分を多く含む食材です。

パーティーで人気の一品♪ フライドポテト

シンプルだけど、子どもたちに大人気のフライドポテト。
パーティーメニューとしてもいいですね。

お弁当の定番 鶏の唐揚げ

お弁当の定番ともいえる一品です。
お肉を切って下味を付けたものは、小分けして冷凍しておくと便利です。使いたいときに解凍して、粉をまぶして揚げましょう。
ピックをさしてあげると食べやすく、特別感もでますね。

豚肉の代わりにいかが? かじきカツ

豚肉の代わりにお魚のカツはいかがでしょう。
お肉の代わりにお魚を使うと、たんぱく質量はそのままに、カロリーや脂質を抑えることができます。