ソースや食材を工夫して☆食べやすさにこだわったおすすめ献立

お魚や野菜が多いメニューはなかなか食べてくれない、と悩む方も多いのではないでしょうか。そんなメニューでも少し工夫することで食べやすくなるんですよ。 たとえばお魚には子どもの好きな味のソースをかけたり、彩りのいい食材を使うのもおすすめです。
今回は食べやすさにこだわった、おすすめの献立をご紹介いたします。成長期の子どもに欠かせないたんぱく質や、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜をしっかり摂ることができます。

ある日の献立ある日の献立

お昼ごはん

おやつ

魚嫌いの子どもでも食べやすい味付け 鮭のオーロラソースがけ

鮭にはからだを作るために欠かせないたんぱく質が豊富に含まれています。また、脳の健康に役立つDHAも多く含まれます。魚嫌いの子どもでも食べやすいようにケチャップとマヨネーズのソースをかけました。

苦手な野菜にベーコンを合わせて食べやすく ジャーマンポテト

ベーコンは塩分も多いので、塩はごく少量の使用でOK。苦手な野菜にベーコンを合わせると食べやすくなります。
じゃがいもは茹でる以外にも、レンジで加熱したものでもOKです。その場合、切ってから水をふりかけ、耐熱容器に入れてラップをし、レンジで5分程度様子を見ながら加熱し、竹串が通るくらいにします。

野菜を加えて栄養バランス満点◎ 厚揚げスープ

厚揚げなどの大豆製品には、良質なたんぱく質が多く含まれます。たまねぎ、にんじん、小松菜などの野菜を加えることで、厚揚げには含まれないβ-カロテンなどの栄養素を補うことができ、栄養バランスが整います。

一口サイズで食べやすい 手まり寿司

手まり寿司は一口サイズで食べやすいので、小食の子どもや好き嫌いの多い子どもでも食べやすいのでおすすめです。にんじんやきゅうりなど、彩りのよい具材を使えば見た目もかわいらしく、食べるのが楽しくなりますよ。