たくさん摂りたい!カルシウムや食物繊維が豊富なひじき料理との組み合わせ献立

保育園で実際に提供されている給食の献立を紹介しています。
管理栄養士が組立てた栄養バランス満点の給食。ご家庭で献立を考えるときの参考にしてくださいね。

ある日の献立ある日の献立

お昼ごはん

ひじきはミネラルや食物繊維が豊富で、積極的に摂りたい食材ではありますが、 苦手な子どもも多いもの。そんな苦手なメニューは、子どもが好きなメニューと組み合わせましょう。その他に、献立の組み合わせのポイントは、味付けがかぶらないように 気を付けること。

今回はメイン料理が“みそ味”なので、汁ものは“みそ汁以外”で 考えるといいですね。

副菜も、メインが“焼きもの・炒め物”の場合は、“煮物”や“おひたし”、 “酢の物”などと組み合わせると、味も変化がつきやすいですよ。

ふっくらとした焼きあがり 鮭のちゃんちゃん焼き

野菜を入れて蒸し焼きにすることで、鮭もふっくらと焼きあがります。鮭の骨は先に骨抜きで抜いておくか、焼いたあとで気を付けて取りましょう。ホイル焼きにしてみたり、ホットプレートで焼いてみたり少しアレンジしても楽しいですね。

具材でアレンジも可能 ひじきの炒め煮

ちくわの代わりに水煮大豆を使っても美味しいですね。よく煮含めることが美味しくするコツです!ツナを入れても食べやすくなりますよ。

油揚げで緑の野菜も食べやすく 油揚げのすまし汁

苦手な野菜のすまし汁も、油揚げを加えることで少し食べやすくなります。子どもの様子を見ながら、食材の大きさも変えてみるといいでしょう。

手づかみでパクパク食べやすい! さつまいもスティック

手づかみでパクパク食べやすい、簡単おやつです。塩を少しふりかけることで、さつまいもの甘さがひきたちます。油と一緒に少しバターを加えると風味豊かに仕上がります。