保育園の離乳食~白身魚編~

白身魚は低脂肪・高タンパクで、バランスよくアミノ酸を含んでいます。消化吸収が良いので離乳食初期から使うことができます。
離乳食には骨がなく調理しやすいお刺身を使うのがおすすめです。白身魚は脂肪が少ない分パサつきやすいので、加熱しすぎに気を付けましょう。また離乳食初期の頃はしっかりとすりつぶし、とろみを付けることも大切です。

とろみがあって食べやすい カレイのすり流し

魚がすりつぶしにくいときは、すり鉢に湯を少し加えるとすりつぶしやすくなります。
食べづらそうであれば、水溶き片栗粉を加えて火にかけ、とろみを付けるとよいでしょう。

大人の刺身から取り分けてもOK 白身魚のトロトロ煮

白身魚はカレイやたいを使います。大人の刺身から取り分けでき、作り方も水の分量などはだいたいで構いません。
しっかりと中まで火が通り、赤ちゃんの食べやすい口当たりにします。

大人の刺身から取り分けてもOK 白身魚の煮つけ

魚が食べにくいようなら、フォークの背で魚をつぶしたり、ほぐしたりしながら与えます。調味料もほんの少し風味が付く程度加えます。魚は刺身を使えば骨もないので便利です。