カルシウム豊富な木綿豆腐を使って☆バランスの取れた和食献立

汁の具だけでは余ってしまいがちな豆腐を、こっそりつくねにも使っています。
洋食は子どもたちの喜ぶメニューも多いですが、比較的油の摂取量が多くなりがちです。
和食は全体の栄養バランスも取りやすく、野菜類・豆類・海藻類など積極的に料理に取り入れたい食材をふんだんに使ったメニューが多いのが特徴です。
子どもの喜ぶメニューも取り入れながら、基本は和食を中心に日々の献立を考えられるといいですね。

ある日の献立ある日の献立

お昼ごはん

豆腐を使って口当たりやわらか つくね焼き

豆腐を使った口当たりのやわらかいつくね焼きです。
たまねぎを細かくみじん切りして作ったつくね焼きは、切ってもボロボロとしづらいので、おはしやフォーク、スプーンなどを使って子どもが自分で食べる練習にもいいですよ!

具材でアレンジも可能 ひじきの炒め煮

ちくわの代わりに水煮大豆を使っても美味しいですね。よく煮含めることが美味しくするコツです!ツナを入れても食べやすくなりますよ。

木綿豆腐と小松菜のみそ汁 豆腐のみそ汁

不足しがちなカルシウムを多く含む木綿豆腐と小松菜を使ったみそ汁です。

黒糖の風味が美味しいトースト かりんとう風味トースト

黒糖の風味が美味しいトーストです。
ミネラル豊富な黒糖ですが、はちみつと同様にボツリヌス菌が混入している可能性があるので、1歳未満の赤ちゃんには与えないようにしましょう。