採れすぎて困っちゃう!?<br>梅雨にも暑さにも負けず、夏野菜大豊作!の巻

手ぶらで通える話題の「シェア畑」で、野菜づくり
誰でもできる野菜づくり、本格的な農園体験が楽しめる「シェア畑」。
種まきや苗の植え付けを一通り終え、他の畑にすっかり追いついたHAPIKU畑。暑さが増すのと合わせるかのように夏野菜は続々実り、今では畑に行くたびに袋いっぱい収穫できるまでに至りました。
HAPIKU畑からのリポート、第7弾となる今回は、この1ヵ月の様子をダイジェストでお伝えします♪

7月13日、袋いっぱいの夏野菜!採れすぎて困っちゃう?!

この日は夕方16時くらいに畑に到着。1週間でこんなに伸びるの?というくらいに雑草が生い茂ったHAPIKU畑、雑草に負けじと夏野菜はこの日もたくさん実をつけておりました。

 

まず驚くのはミニトマトの量。ナスもピーマンも鈴なり、キュウリも相変わらず大きな実をつけています。あっという間に持参したビニール袋がいっぱいになってしまうくらいの大豊作です。

 

farm010_img11
食べごろトマトがまさに鈴なり!
あっという間に袋いっぱいになりました。

トウモロコシも枝豆も順調!トウモロコシには実ができていました。

それから、ナスのコンパニオンプランツ(虫よけや生長を助けるための植物)として植えたマリーゴールドにもつぼみを発見しました。

 

farm008_img14
トウモロコシの実!収穫が待ちきれません。
ナスのコンパニオンプランツ、マリーゴールド。

作業を終える頃、雲行きが怪しくなってきていた空から雨が落ち始めました。休憩スペースの屋根の下に一時避難して様子を見ていると、一時的に雨脚が強まりはしましたが、10分ほどですっかり晴れてしまいました。

一瞬の夕立でしたが、来る夏を感じた瞬間でありました。

 

これからの夏本番に向け、HAPIKU畑ではまだまだたくさん野菜の収穫ができそうです。

 

 

100koto-parts_02

 

 

子どもと一緒に、土や自然に触れながら農園体験してみたい!

プランターで栽培した経験はあるけど、家庭菜園はなかなか敷居高くて…。
そんなご家族の皆さん、ぜひ「シェア畑」を一度見学してみてはいかが?

シェア畑には、農具以外にも、栽培に必要なあらゆる道具が常備されていて、使い方がわからなくても、どんな小さな質問でも、アドバイザーのみなさんが丁寧に教えてくれるので安心!

HAPIKU経由で見学のお申込みをされた方には、特典として「ブロッコリースプラウトの水耕栽培キット」をプレゼント!見学お申込みの際に、フォームの「ご質問など」欄に「HAPIKUを見た」と明記してください。お電話でのお申込みの場合は、お電話口で「HAPIKUを見た」とお伝えください。

 

次回もお楽しみに♪