保育園の離乳食~鶏ひき肉・さつまいも編~

保育園ではその日の乳幼児のメニューの食材を使った取り分け離乳食が基本です。
今回は、鶏ひき肉とさつまいもをメインに使った離乳食をご紹介。
この日の乳幼児のメニューは「さつまいもコロッケ」です。

大人の揚げ物から離乳食の取り分けは難しそうに感じますが、揚げる前の状態のものから、煮たり焼いたり簡単に取り分けることができます。
大人も赤ちゃんも一緒に食べられるものを意識して作ると、自然と大人も野菜の摂取量が増えますよ♪

かじって食べる練習に さつまいもの団子焼き(離乳食9~11ヵ月頃)

さつまいもがメインのお団子なので、やわらかく嚙み切りやすいです。
一口サイズより少し大きめに作ると、かじって食べる練習ができるのでおすすめです。そのときは無理に一口で口の中に入れてしまわないように気を付けてみてあげましょう。

じっくり煮てとろみを付けて さつまいものそぼろ煮(離乳食7,8ヵ月頃)

そぼろは一度別鍋で火を通してアクを取ってから使います。
さつまいもとたまねぎは、分けずに合わせてじっくり煮ると、さつまいもが溶けてとろみが付き、食べやすいですよ。

さつまいもをやわらかく さつまいものペースト(離乳食5,6ヵ月頃)

さつまいもはやわらかくつぶしやすいです。
つぶしたあとに水分を足したり、水溶き片栗粉を火にかけたものを加えてとろみを付けるなどして、食べやすい状態をさがしてあげましょう。