おうちごはんにアレンジ!保育園の人気メニュー:8月

8月のメニューは「フレッシュトマトピザ」「ミートボールハンバーガー」「フライド長いも」「パプリカのたらこ和え」です。

酷暑、猛暑にスーパー猛暑、最近では命に危険を及ぼす暑さとまで言われるほどの今年の夏。そんなときは、夏野菜をしっかり食べましょう!春に種をまいて、夏から初秋にかけて収穫する野菜を夏野菜と言います。夏に獲れるので夏バテに効くものが多いとされ、旬だとさらに栄養が高まるのでおすすめです。
今月のレシピでは、夏野菜の代表格、パプリカとトマトを使いました。

6月から出回り、夏に旬を迎えるパプリカ。特に大きなベル型で果肉が7~10mmと厚く、黄色・オレンジ・赤色のものを「パプリカ」と呼ぶことが多いようです。
色によって栄養価も違うんですよ。赤パプリカはカプサイシンやベータカロテンが、黄パプリカはビタミンCが豊富です。オレンジのパプリカは赤と黄色の栄養をバランスよく含むので、迷ったときは両方のいいとこどりをしているオレンジはいかがでしょうか。

同じく、6~8月に旬を迎えるトマト。でも本来、高温多湿に向いていないため、真夏のトマトは味的にはベストとは言い難く、味的に最も旬と言えるのは春から初夏の時期と秋だそうです。
ただ、低カロリーで様々な栄養成分が豊富な健康野菜であることは間違いありません。ビタミンCにビタミンE、カリウム、食物繊維をバランスよく含みます。

暑い夏は夏野菜!ぜひ、積極的に摂りたいものですね。

食パンですぐできる! フレッシュトマトピザ

トマトは思った以上に熱くなっているので、子どもが食べる前に熱すぎないか確認してあげてください。トマトは熱を加えたほうが、甘みや旨みがグンと増します。また、抗酸化作用が高いリコピンの吸収率も高まります。

ミニサイズでとってもかわいい ミートボールハンバーガー

鶏ひき肉のミートボールをハンバーガーのバンズに見立てた、かわいいメニュー。バンズ替わりの生地は、鶏ひき肉の食感と絹豆腐のふわふわ感が楽しめます。鶏ひき肉はカリウムたっぷりです。
楊枝やピックを使う場合には、小さいお子さんには気を付けてあげてくださいね。

じゃがいもとはちょっと違う食感 フライド長いも

長いもは、皮の下にアクがあるので、皮は厚めにむきましょう。すぐに素揚げできないときは、変色を防ぐために酢水に浸してアク抜きを。長いもを揚げるときは、切り方も工夫しましょう。繊維を断つように横に切ると、甘みが増します。揚げると、よりホクホクした食感になりますよ。

ビタミンCたっぷり パプリカのたらこ和え

黄色のパプリカはビタミンCとルテインが豊富に含まれています。また、ベータカロテンは油で調理すると効率よく摂ることができます。たらこには、ビタミンB群や、骨や皮膚の発育を促すミネラルがたっぷり。ただし、塩分が多いので、食べすぎには気を付けましょう。