<font>大正製薬×HAPIKU</font><br>サクッと3秒野菜チャージ!<br>管理栄養士が考案「サクベジ」簡単レシピ

大正製薬より手軽に野菜不足を補える栄養補助食品『サクッとベジタブル』が誕生。その発売を記念して、HAPIKUとのタイアップ企画第2弾では、HAPIKUでも活躍中の管理栄養士が考案した「サクベジレシピ」をご紹介します。
保育園で毎日の給食の献立を作成し、日頃から園児たちの食や健康に気を配る管理栄養士が、忙しいママとお子さんの野菜不足を補うために工夫を重ねたレシピ。 何よりも簡単につくれることがうれしいポイントです!

でも、そもそも「『サクッとベジタブル』ってどんな味?」「子どもはどう反応するのだろう?」「野菜が苦手なうちの子は食べるかしら?」
ママは気になりますよね。
そこで、HAPIKU読者、親子40組が試食しました。ページ後半では、その生の声をお届けしますね。

手軽に野菜が摂れる「サクベジ」レシピ!管理栄養士が考案

朝ごはんに、おやつに、そしてたまにはちょっとだけ手をかけてイベントや行事食にも…
「サクベジ」の特性を活かしつつ、子どもたちの栄養面も考慮したレシピ。簡単!おいしい!をテーマに、今回、15点のレシピが完成しました。
管理栄養士ならではの視点からのコメントも必見です。

ほんのりとした甘みと色が料理のアクセントに!
日々のべジトレにおすすめ

「サクッとベジタブル」のほんのりとした甘みと色が、料理のアクセントになりました。甘味が強すぎず、優しい味でとても使いやすかったです。サクベジを使ったものと使っていないものを揃えれば色違いで見た目にも楽しく、野菜に苦手意識のあるお子さんにとっては親近感を持つきっかけになります。すぐには野菜そのものを口にできなくても、少し食べてみようかなという気持ちを持たせることにつながるので、日々のベジトレとしておすすめです。


管理栄養士 一瀬 ゆかり
医療機器メーカーの営業を経て、老若男女への健康提案、宿泊施設のメニュー開発を担当。妊娠を機に食への関心が一層高まり、保育園での調理や献立作成に携わる。現在も「子どもの味覚を育てる」給食づくりに取り組み、子どもの食の悩みを持つ家庭への出張料理や、野菜販売付きの企業向け食育セミナーなどで活動中。

 

「ふりかけおにぎり」
「ポンデケージョ」
「スープパスタ」
「スクランブルエッグ」

 

「三色団子」
「プリン」
「ポテトサラダ」

 

「サクベジ」で手軽に栄養補給!心と体が整えられるレシピを考えてみました

今回は、毎日のご家庭の食事に取り入れることで、お子さんの心と体が整えられるようなレシピを考えてみました。「サクッとベジタブル」は、「今日は少し野菜が足りないかな?」と思った時にお料理やおやつに使うことで、手軽にビタミン、ミネラル、食物繊維などを補うことが出来ます。


管理栄養士 高木 歩
北海道札幌市在住のフリーランス管理栄養士。長男のアレルギーをきっかけに、「体と心にやさしい食事」の大切さを実感し、幼稚園栄養士など、子どもの食に関する仕事や活動に携わる。現在は、在宅で北海道内の保育園に、アレルギーがあっても安心して食べられる「ごはん・おみそ汁」を基本とした給食レシピを提案している。

 

「和風ポタージュ」
「さつまいも蒸しパン」
「抹茶風味のくずふるババロア」


 

ごはんやおやつに手軽に栄養をプラスできるのでおすすめ

簡単に作れて、なおかつ栄養もしっかり摂れるようなレシピを考案しました。特に時間のない朝ごはんやおやつ作りなどには、手軽に栄養をプラスできるのでおすすめです。野菜をたくさん食べてもらいたいと思っても、子どもはなかなか食べてくれないのが現実。生の野菜を摂るのももちろん大事ですが、野菜嫌いの子どもには「サクベジ」で自信をつけてもらって、野菜そのものを食べられるようになるまでのステップとして利用するのも良いかもしれません。


管理栄養士 中井 エリカ
大学卒業後、管理栄養士免許を取得し、社員食堂に勤務。現在はフリーでレシピ開発など栄養や料理に関する仕事に従事。作り置きや野菜を使った簡単レシピが得意。レシピを発信しているインスタグラムのフォロワーは90,000人。著書「野菜がおいしすぎる作り置き」

 

「フレンチトースト」
「フルーツ白玉」
「ほうれん草とウィンナーのグラタン」

「サクッとベジタブル」 その味は? 子どもの反応は?

タイアップ企画第1弾として、試食後のアンケートにご協力いただけるモニターを募集した ところ、100件を超える応募をいただきました。「お子さんは好き嫌いなく野菜を食べますか?」との質問に対し、「あまり食べない」「まったく食べない」を合わせた回答は、実に79%に昇り、少しでも野菜不足を補いたいというお母さまたちの切実な想いが感じ取れました。
今回は、厳正なる抽選の結果、40組の親子に試食をお願いしました。その結果を、一緒に送っていただいたお子さんのお写真やコメントとともにご紹介します。

(※自由回答については、ご意見の多かったものを中心に抜粋してご紹介します。)

 

Q.食べた感想を教えてください。

味や食べやすさについてのご意見は全部で35件

labo_collaboration008_img22

labo_collaboration008_img22_sp

野菜が配合されていることへのご意見は全部で3件

labo_collaboration008_img23_sp

その他、食感についてのご意見もありました。

「最初に口に入れた時はモサモサした感じ、でもすぐに溶けて気にならなかった」「サクサクしていて食べやすかった」など。

「粒がザラザラした感じ」「少し苦味もあった」とのご意見もありましたが、そのままでは食べにくかった方も、ヨーグルトなどに混ぜることでおいしいと感じてくれたようでした。

 

 

Q.お子さんの反応はどうでしたか。

野菜嫌いなはずなのにびっくり!!とのコメントが数多く寄せられました。

labo_collaboration008_img24

labo_collaboration008_img24_sp

一方で苦手だったお子さんも…

labo_collaboration008_img25_sp

多くのお子さんに好評でした。そんなお子さんの様子にお母さんたちは意外だったようです。「野菜嫌いな次男が自ら欲しがった」「野菜は嫌がると思ったのに…」「野菜はダメなはずなのに…」「最初は色が緑だから警戒していたのに…」などなど。

 

 

Q.お子さんが好む食べ方はどういうものですか。(複数回答)

labo_collaboration008_img26

labo_collaboration008_img26_sp

 

Q.「サクッとベジタブル」を続けてみたいと思いますか。

labo_collaboration008_img27

labo_collaboration008_img27_sp

「続けてみたい」理由は?

labo_collaboration008_img28

labo_collaboration008_img28_sp

 

labo_collaboration008_img01_sp

最後に、お子さんの食について気になっていることをうかがいました

 

Q.お子さんの食について気になっていることはありますか?

labo_collaboration008_img29

labo_collaboration008_img29_sp

 

Q.お子さんの食について工夫されていることはありますか?

labo_collaboration008_img30_sp

その他、絵本でバランスよく食べることの大切さを教えたり、空腹で食事時間を迎えるよう心掛ける、食べなくても根気よく食卓に出し続ける…などのご意見もありました。

 

 

HAPIKUの栄養相談室には、野菜が苦手、ごはんしか食べず栄養バランスが心配、とのご相談が多数寄せられており、中には毎日の食事づくりがストレスになるなど深刻なものもありました。
管理栄養士は
・麺類と野菜を煮込んで、野菜のエキスが出ているスープを与える
・野菜が使われているふりかけを使って、野菜の風味や色に慣れさせる
・大人の食事から一口分だけおかずを取り分け、食べなくても毎回野菜のある食卓にする
など、少しでも野菜のある状況に慣れさせていくことをすすめています。

今回、皆さんに試食していただいた「サクッとベジタブル」は、サクッとした粉末の新しい食感で、多くのお子さんに甘くておいしいと好評でした。野菜が入っているから、緑色だから、とお母さんは心配されていたようですが、意外と平気でしたとの反応があるように、栄養補助食品として使ってみるのも野菜に慣れていくひとつの方法なのかもしれませんね。

 

labo_collaboration008_img02

labo_collaboration008_img02_sp

labo_collaboration008_img03

labo_collaboration008_img03_sp