グルテンフリーでも作れる!<br>かんたんオリジナルグラノーラ

みなさんのおうちでは「グラノーラ」をストックしていますか?  朝ごはんにも おやつにも便利なグラノーラ、常備しているおうちも多いかもしれませんね。

 

そんなグラノーラ、我が家では、ここ数年 手作りしています。

 

作り方は、意外と簡単(慣れれば、オーブンに入れるまで5分!)。そして何より、市販品より断然おいしい!!  作ってみると、「市販のものは砂糖をたくさん使ってるんだな」とか「私はごろっと塊があるのが好き!」とかいろんな発見があると思います。

 

おうちのオリジナルが作れるのも、手作りならではの楽しみ。お好みでどんどんアレンジしてみてくださいね。このレシピは、お子さんが食べることを前提に、甘さと油分を控えめにしました。

 

それでは、さっそくプレーングラノーラの作り方、ご紹介します!

 

parts01

材料

【A】

はちみつ※ 35g
植物油 35g
豆乳または牛乳 大さじ2~

【B】

オートミール 150g
米粉または薄力粉 50g
お好みのナッツ※※ 好きなだけ

【C】

お好みのドライフルーツ 好きなだけ

※1歳以下のお子さんは、はちみつはNG!メープルシロップ等で代用してください。
※※ナッツは誤飲の可能性があります。小さいお子さんがいる場合はナッツは入れずに作り、大人が食べる時に後から追加するのがおすすめです。

 

 

作り方

準備. オーブンを150度に予熱しておく。

 

1. Aの材料をボウルに入れ、泡立て器で、よく混ぜる(全体が白っぽくなるまで、しっかりと)。

 

2. 1のボウルにBを入れ、手で握るようにしながら、混ぜ合わせる。

*この時の状態で、仕上がりが変わります。ポロポロだと、出来上がりもパラパラの細かいグラノーラに。塊ができるようなら、クッキーのような食べ応えのあるグラノーラになります。お好みで豆乳の量を調整してみて下さい。

 

3. 天板にオーブンシートを敷き、2を広げる。潰すように全体に広げていくと良い。150度で10分焼く。

 

4. 10分経ったら、フライ返しで上下をひっくり返し、さらに150度で10分焼く。

*出来上がりの目安は、おいしそうな焼き色がつき、触ってみてフニャッとしなくなること。それまで、5分ずつ様子を見ながら、しっかり焼き上げる(焦げそうなら、少し温度を下げてみて)。そのまま天板の上で冷ます。

 

5. 完全に冷めたら、ドライフルーツ(大きければ、レーズンくらいの大きさにカット)を入れて混ぜ、瓶などに入れて保存する。

 

parts01

アレンジがいろいろできるのも、自家製グラノーラの楽しいところ! ご参考までに、我が家のアレンジをご紹介します。

 

  • はちみつを、メープルシロップや、黒糖、甘酒など他の甘みに。
  • きなこ、胡麻、抹茶を入れて和風味に。
  • シナモン、ジンジャー、カルダモンなどのスパイスを入れて大人のおつまみやコーヒーのお供に。
  • レモン汁を入れ、はちみつを増やして、はちみつレモングラノーラに。

 

我が家では、大きめの塊を、クッキーのようにして、おやつに食べるのがお気に入り。牛乳との相性もバッチリ! もちろん、ヨーグルトにかけたり、アイスのトッピングにも! 日持ちもするので、プレゼントにしても、喜んでいただけると思います。

 

ぜひ、たくさん作って、おうちの定番にしていただけたら、うれしいです。

HAPIKUサポーター/谷口 侑夏子

4歳女子と、1歳男子の母。名古屋市在住の専業主婦。
料理を作ること、食べることが大好きで、会社を辞めて 専門学校で日本料理を学んだことも。子育てがひと段落したら、料理の仕事(出来れば子どもに関すること)を再開したいと計画中!

☆Instagramでも情報発信中! 》 https://www.instagram.com/oriori_yukako/?hl=ja

 

cafe_supporter-bnr

この記事のキーワード:
子育て食育子どもと一緒グルテンフリーおやつ