種まきから1ヵ月、待望の葉物野菜初収穫♪<br>夏野菜には早くも小さな実を発見!の巻

手ぶらで通える話題の「シェア畑」で、野菜づくり
誰でもできる野菜づくり、本格的な農園体験が楽しめる「シェア畑」。
順調な生長を見せるHAPIKU畑の野菜たち。葉物野菜の種をまいてから1ヵ月余り、ついに待望の瞬間が…!
HAPIKU畑からのリポート、第5弾です♪

夏野菜は花ざかり!小さな実も発見♪

6月に入ってすぐの6月2日、前回の作業から2週間ほど間が空いてしまいましたが、そろそろ葉物野菜が収穫できるかも…とワクワクしながらHAPIKU畑にやってきました。

 

この間ついていたミニトマトのつぼみはどうなったかな?なんて思っていたら…すごい!見るからに育ってる!

 

farm008_img01
夏野菜、元気に育っています!
葉物野菜。種まきから1ヵ月でこんなに生長しました。

ミニトマトやキュウリは見るからに葉が茂り、葉物野菜も見事に大きくなっていました。(雑草もだいぶ伸びてしまっていますが…)

 

夏野菜の苗には、前回発見したつぼみどころではなくたくさん花が咲いています。よ~く見ると、花だけではなく小さな実も!

 

ミニトマトの花と実。
こちらはピーマンの花と実。
ナスの花。まだ実はなっていませんでした。
キュウリの花と実。10cmくらいの小さな実です。

夏野菜は、最初の実は小さいうちに採ってしまうのだそうです。ということで、10cmくらいに育った小さなキュウリを早速収穫!

農薬を使っていないのでそのまま食べられるよ、と下村さんに促され、採り立てのキュウリをパクリ。ものすごく味が濃い!水っぽいイメージのあったキュウリ、こんなにしっかりキュウリの味を感じたのは初めてかも…というくらい、味が凝縮されていました。

 

もっと大きく育てればみずみずしくなるそうですが、小さいうちに採って食べると濃い、野菜そのものの味を味わえるのだとか。スーパーなどでは決して手に入らない若い野菜を味わえるのも、野菜を種や苗から育てているからこその特権です。

 

あなたの近くの「シェア畑」を検索!