離乳食ではなるべく脂肪分の少ない鶏のささみ肉からはじめます。脂肪分が少ない分、ぱさぱさとしがちなので、とろみを付けたりすりおろしたりして食べやすい工夫をしてあげます。生のまま凍らせてそのまますりおろすと、ひき肉より細かくなって食べやすく調理できますよ。
材料(幼児1人分)
だし汁 材料がかぶるぐらい
鶏ささみ 15g
にんじん 10g
砂糖 ほんの少し
しょうゆ 1,2滴
小松菜の葉先 2~3枚
片栗粉 適量
作り方
  1. 1

    鶏ささみはゆでてからかたい筋は取り除き細かくほぐすか、すり鉢ですりつぶします。

  2. 2

    にんじんはやわらかくゆでて細かく刻みます。小松菜もゆでてみじん切りにします。

  3. 3

    だし汁に①と②を加えてひと煮たちさせ、調味料を加えて風味付けし、水溶き片栗粉を加えてとろみを付けます。

レシピ作成:淡佐口 麻衣(管理栄養士)

このレシピのキーワード:
ささみ小松菜こまつな緑の野菜にんじん人参鶏肉