保育園の離乳食~鶏肉・かぼちゃ編~

保育園ではその日の乳幼児のメニューの食材を使った取り分け離乳食が基本です。
この日の乳幼児メニューは「かぼちゃのシチュー」です。

シチューや煮物などは、離乳食への取り分けがとってもしやすいです。大人用に煮込んだら、味付けをする前に取り分けて、すりつぶしたり刻んだり。
保育園でも、この日の9~11ヵ月頃の離乳食は、乳幼児のものと同じです。あとは食べやすいように大きさを変えたり、場合によってさらに味付けを薄味にしたり。
寒い季節になってくると、あたたかい煮込み料理が増えてきて、取り分けしやすい料理が増えてきます。離乳食づくりは、上手に手を抜きながら楽しみましょう。

小麦粉を直接野菜にふりかけてとろみ付け かぼちゃのシチュー(離乳食9~11ヵ月頃)

乳幼児食では、別鍋でバターを溶かし、小麦粉を加えて混ぜ、ホワイトルウを作ったものをスープに加えてシチューを作りますが、離乳食で少量作る場合は、直接野菜に小麦粉をふりかけてから水を加えて作ると、ダマになりにくく、とろみを付けることができます。

野菜とお肉がたっぷり 鶏とかぼちゃのスープ(離乳食7,8ヵ月頃)

野菜とお肉がたっぷり入ったスープです。かぼちゃがくずれてしまうぐらいやわらかく煮込みます。必要であれば水溶き片栗粉を加えてとろみをつけてあげましょう。

野菜はゆっくり煮込んだものを かぼちゃのスープ(離乳食5,6ヵ月頃)

野菜はゆっくり煮込んだものを使うとなめらかにつぶしやすくなります。加える水分は多すぎるとサラサラとして、むせやすくなることもあるので、かぼちゃのとろみを活かせるぐらいに調節しながら加えましょう。