保育園の離乳食~かぼちゃ・いんげん編~

保育園ではその日の乳幼児のメニューの食材を使った取り分け離乳食が基本です。
今回は、かぼちゃといんげんを使った離乳食をご紹介。この日の乳幼児メニュー「かぼちゃの洋風煮」。
かぼちゃをベーコンと一緒に炒めてから、コンソメスープで煮てから、茹でたいんげんを飾ります。

離乳食を取り分けるときは、野菜を一緒に切ってから、小鍋で煮てあげるといいですね。
大人の料理づくりのときに、離乳食にも使える野菜を取り入れようと考えると自然に大人も摂取する野菜が増えますよ。

つかみ食べにも! スティック野菜(離乳食9~11ヵ月頃)

いんげんは太く育ちすぎているものはかたくて筋っぽくなっていることがあるので、細めのものがおすすめです。
ゆっくりやわらかく茹でてあげましょう。少し塩を加えて茹でてあげると、少し塩の風味がつきますね。

2色の色合いが可愛い♪ コロコロ野菜(離乳食7,8ヵ月頃)

大人は多少歯ごたえが残るぐらいが美味しいいんげんですが、赤ちゃんにはゆっくりやわらかく茹でてから使ってあげましょう。
食べづらいときはかぼちゃをつぶして、一緒に混ぜてあげると食べやすいですよ。

赤ちゃんもかぼちゃの甘味を楽しもう! かぼちゃのペースト(離乳食5,6ヵ月頃)

かぼちゃはやわらかく茹でてすりつぶしたら、お湯やだしの量を調節して、赤ちゃんに合ったやわらかさに仕上げてあげましょう。