保育園の離乳食~うどん・鮭編~

保育園ではその日の乳幼児のメニューの食材を使った取り分け離乳食が基本です。
今回は、豆腐と野菜をメインに使った離乳食をご紹介。この日の乳幼児のメニューは「鮭とほうれん草のクリームパスタ」です。
7,8ヵ月ごろからパスタも使えますが、今回は5,6ヵ月から使える干しうどんを使っています。

乾麺を使うときは、麺に塩分が含まれているので、野菜と一緒に煮込むのではなく、一度別の鍋でやわらかく茹でてから余分は塩分を洗い流してから使うとよいでしょう。
ゆでうどんも、保存料や塩分など、余分なものを落とすために、茹で直してから使いましょう。

そうめんにしてもオススメ 鮭と野菜のみそうどん煮(離乳食9~11ヵ月頃)

干しうどん以外にもそうめんもおすすめです。
どちらも塩分が含まれているので、使うときは一度別で茹で、水で洗ってからだし汁に加えて使うといいでしょう。

骨や皮には注意して 鮭と野菜のみそうどん煮(離乳食7,8ヵ月頃)

鮭も下茹でをして脂分を抜いてから使います。骨や皮は注意して取り除いてあげましょう。
野菜は一度に多めに茹でて冷凍しておくと便利です。

つぶしたうどんのとろみで食べやすい 野菜とうどんのつぶし煮(離乳食5,6ヵ月頃)

うどんをつぶしたとろみで全体をまとめて食べやすくします。
干しうどん以外にも、ゆでうどんを使うと比較的短い時間でやわらかくなり、つぶしやすいのでおすすめです。