保育園の離乳食~豆腐・にんじん編~

保育園ではその日の乳幼児のメニューの食材を使った取り分け離乳食が基本です。
今回は、豆腐とにんじんを使った離乳食をご紹介。

家庭でも豆腐ハンバーグや豆腐の野菜そぼろあんかけなどを作るとき、材料を煮込んでから味付けする前に、離乳食の段階に合わせて使える食材を取り分けると便利ですよ。
特に野菜は、大人の分と一緒に鍋で柔らかく煮てからの方が、簡単に食べやすい大きさに切ったりつぶしたりできます。
大人用の豆腐ハンバーグには、卵やパン粉をプラスするとさらに美味しくいただけます。

手づかみも大丈夫 豆腐ハンバーグ(離乳食9~11ヵ月頃)

手でつかんで、自分で一口分をかじれるようなものをメニューに取り入れていきたいですね。
なるべく手が汚れないように今回はケチャップを生地に混ぜ込んだ、トマト色のハンバーグです。

とろみをつけて食べやすく 豆腐のそぼろ煮あんかけ(離乳食7,8ヵ月頃)

はじめてのお肉は脂肪分の少ない鶏ささみがおすすめです。生のまま凍らせたものをすりおろして使うと便利です。慣れてくれば鶏むねひき肉も使いやすいです。
お肉はもそもそと食べづらいので、なるべくとろみをつけて食べやすくしてあげましょう。

口当たりのいい絹ごし豆腐で 豆腐とにんじんのペースト(離乳食5,6ヵ月頃)

豆腐は色々な種類がありますが、やわらかく口当たりのいい絹ごし豆腐がおすすめです。
豆腐はまろやかで、野菜に合いますので、混ぜ合わせてあげると食べやすいです。