3種の蒸しパンと、食パンを使ったおやつ

蒸しパンに子どもの好きな食べ物を入れて手作りしてみましょう。
いつもの食パンも、少しアレンジを加えて朝食にもいかが?

手軽に作れて便利! 黒糖蒸しパン

蒸しパンは面倒でも蒸す方法がやわらかくできあがります。
時間がなく、すぐに食べたい場合は、小さめのマグカップに7分目くらい流し込み、レンジで2~3分様子を見ながら加熱するとできあがります。
冷めるとかたくなりますので、温かさの残るくらいの間に食べられるのであれば、手軽に作れて便利です。
黒糖は上白糖(砂糖)でも代用できます。

アレルギーの子どもも一緒に食べられる きな粉上新粉蒸しパン

卵・牛乳・小麦を使わない、アレルギーの子どもも一緒に食べられるおやつです。
レーズンは軽くゆでて刻んでから入れたり、カップに流してから上に飾ってもきれいです。

蒸しパンの定番! バナナ上新粉蒸しパン

上新粉を使っているので、小麦粉の蒸しパンよりもモッチリと食べごたえのあるできあがりになります。
もちろん上新粉を小麦粉に、豆乳を牛乳に替えてもおいしいですよ。

子どもと一緒に作っても楽しい きな粉クリームサンド

パンの耳は必要であれば切り落とします。
子どもと一緒に食パンを型抜きで抜いたり、クリームを塗ったりしても楽しいですよ。

ジャムの代わりに きな粉ミルクラスク

食パンにクリームを塗り、トースターで焼くだけでもおいしいですよ。ジャムの代わりに試してみてはいかがでしょうか。

レシピ作成:淡佐口 麻衣(管理栄養士)
メニュー編集:石津 綾野(グローバルキッズ西巣鴨園 栄養士)