おかわりの声続出!人気おかず<br>
お豆腐・高野豆腐編

あっさりとしているので、お肉とも野菜とも相性抜群のお豆腐。
温かい料理にも冷たい料理にも使えるので、季節を問わず、年中気軽に取り入れることができます。

ちょっとしたおもてなしにも 豆腐のミートローフ

豆腐を使うことでヘルシーに。ちょっとしたおもてなし料理にもなりますよ。
オーブンで焼くときは、この分量を倍にして作ると、豆腐や卵などの計量が楽です。
少量であればフライパンで焼いてもOKです。

あっさりとした味わい 豆腐ハンバーグ

卵・乳・小麦を使わないアレルギー対応メニューです。あっさりとしていて、ポン酢で食べるのもいいですね。
上新粉はパン粉に変えたり、卵を1個加えて作っても美味しいです。

野菜も添えて彩り鮮やか 肉豆腐

豆腐は絹豆腐より木綿豆腐の方がくずれにくく扱いやすいです。
木綿豆腐のカルシウムは、絹豆腐の3倍も多く含まれています。
豆腐はだし汁を入れた別の鍋で煮て、盛り付けの際に盛り合わせるときれいに盛り付けられます。
さやえんどうは色味に使用しているので、なければ冷凍のグリーンピースなどでも代用できます。

カルシウムを豊富に含む高野豆腐を活用 高野豆腐入りつくね焼き

高野豆腐はカルシウムを豊富に含み、積極的に摂りたい食材の一つです。
煮物も美味しいですがつくね焼きやハンバーグなどの生地に混ぜるという方法もひとつです。

お手軽サラダ 豆腐ときゅうりとトマトのサラダ

豆腐は味が付きにくいので、先に豆腐に調味料を混ぜてから合えるといいですよ。砂糖やしょうゆ、酢の分量は味見をしながら調整してみてください。
調味料は子ども用に薄味になっています。大人が食べるときは、分量を倍にしたりして、お好みで調整してみてくださいね。
調味料と和えてからしばらくすると、味がぼやけてくるので、すぐに食べるか提供直前に和えるとよいでしょう。

レシピ作成:淡佐口 麻衣(管理栄養士)
メニュー編集:石津 綾野(グローバルキッズ西巣鴨園 栄養士)