おかわりの声続出!人気おかず<br>
お魚焼き物編6選

脳や骨の成長に欠かせないお魚。バターやカレーで風味付けすると、ごはんも進みます。魚は旬のものを選んでいろいろな種類でアレンジOKです。
レシピは幼児1人分の分量なので、家庭で作るときは魚の量に合わせて調味料を倍増させて作ってみてくださいね。その際は、分量をきっちり計量することよりも、調味料の割合を意識してみることが大事。あとは味見をしてお好みの味に調整してみてくださいね。

白身魚の鉄板 さわらのバターしょうゆ焼き

バターしょうゆ焼きは鉄板メニューです。カレイなどほかの白身魚で作ってもおいしいですよ。
バターは油と一緒に先に入れてもいいですが、焦げやすいので注意が必要です。
小麦粉は茶こしに入れてふりかけると、少量できれいにふりかけられます。

子どもも大好きなカレー風味 さわら(カレイ)のカレームニエル

いつものムニエルにカレー粉をプラス。カレー風味は子どもも大好きな味です。少量で味にアクセントが付きます。

身がやわらかくて子どもたちに人気 カレイの照り焼き

照り焼きも定番メニューですが、カレイは、身もやわらかく子どもたちに人気です。
冷めても美味しいので、鮭や鶏肉の照り焼きはお弁当にも。

ごはんがすすむ一品 さばの香味焼き

にんにくとしょうがで魚の臭みを消し、しっかりとした下味で、ごはんのすすむ一品です。

カレー好きのお子様におすすめ 鮭のカレーピカタ

いつものピカタにカレー粉を少し。カレー好きの子どもであれば、炒め物や唐揚げなどに使ってもおいしいです。

保存の効くクリームコーンを活用 鮭のクリームコーン焼き

クリームコーンにマヨネーズを混ぜても美味しいです。
使用するクリームコーン缶は少量なので、残りは製氷機や小さめの容器に入れて冷凍保存。離乳食やスープに使えます。

レシピ作成:淡佐口 麻衣(管理栄養士)
メニュー編集:石津 綾野(グローバルキッズ西巣鴨園 栄養士)