夏といえば冷たいそうめん♪<br>夏野菜をたくさん使ったそうめんの日の組み合わせレシピ

暑い日はさっぱりとしたものが食べたくなりますよね。そんな日は夏野菜をあしらった色鮮やかなそうめんはいかがでしょう。
サイドメニューにはつくね焼きを添えて、たんぱく質を補いバランスをとります。
暑いと食欲も落ちてしまいますが、汗をかいて体力も消耗しています。旬の野菜を取り入れ、楽しみながらしっかり食べることを意識しましょう。

ある日の献立ある日の献立

おやつ

夏野菜をたっぷり飾って そうめん

暑い夏に冷たいのどごしが気持ちいいそうめんに、夏野菜をたっぷり飾ります。
野菜はそうめんと別のお皿にのせておき、好きな量を好きなように飾らせてあげると野菜を食べるきっかけになります。子どもが集まるときなどにおすすめです。

カルシウムを豊富に含む高野豆腐を活用 高野豆腐入りつくね焼き

高野豆腐はカルシウムを豊富に含み、積極的に摂りたい食材の一つです。
煮物も美味しいですがつくね焼きやハンバーグなどの生地に混ぜるという方法もひとつです。

暑い季節にはさっぱりと☆ きゅうりとわかめの酢の物

適度な食感があるきゅうりと、よく噛んで食べたい海藻類の組み合わせです。暑い季節にはさっぱりとした酢の物もおすすめです。

旬の時期には生の枝豆を 枝豆ごはん

冷凍枝豆を使えば1年中楽しめますが、旬の時期には生の枝豆を使いたいですね!
小さな子どもには、枝豆を粗く刻んでから混ぜてあげるとごはんとも混ざりやすいので食べやすく、枝豆を詰まらせる心配もありません。