今日のごはんにはどれを合わせよう?<br>毎日摂りたいみそ汁レシピ

汁物は一番手軽に野菜が摂れるので、できれば毎日の食卓に並べたい一品です。特にみそ汁はごはんとの相性がバツグンですので、いろんな食材を使って温かいみそ 汁をいただきましょう。
案外みそ汁の具は毎回同じものを使いがちだったりしますが、ほとんどの食材がみそ汁の具になります。今までにない組み合わせや、新しい食材を使ったみそ汁を試してみてはいかがでしょう。

かぼちゃの甘味でやさしい味付け かぼちゃのみそ汁

かぼちゃの甘味でやさしい味付けのみそ汁です。かぼちゃもにんじんも、鼻やのどの粘膜を保護するビタミンA(β-カロテン)が豊富です。
油で調理することで吸収力がアップするので、先にごま油などで炒めてからだし汁を加えて煮てもいいですね。

鉄分の多いあさりを使用 キャベツとあさりのみそ汁

鉄分の多いあさりを使ったメニューです。今回は水煮缶を使用していますが、生のものでも構いません。
その際は、砂抜きに気を付けましょう。お子様が食べにくい場合には、事前に刻んでもよいですね。

冬野菜の根菜がたくさん! 里いもとたまねぎのみそ汁

冬野菜の根菜をたくさん使った一品です。
里いもから出るとろみで、からだの芯まで温まります。

ボリューム満点なおみそ汁 厚揚げと白菜のみそ汁

厚揚げを加えることでたんぱく質が増え、ボリューム満点なおみそ汁になります。
メインがお魚の日などにおすすめです。

いつもとは違った食感を 大根ともやしのみそ汁

野菜をすべて細長い千切り状にすることで、いつもとは違った食感が楽しめる一品です。
素材それぞれの食感の違いをお子様と話しながら食べると、素材への興味にもつながりますね。

根菜がたっぷり 根菜のみそ汁

根菜たっぷりのみそ汁です。
少し歯ごたえを残して、噛んで食べることを促すときは、小さく切ってしまうと口のなかでバラバラとし、噛みづらいので、少し大きめに切るとよいでしょう。