TOP > 4月19日は「みんなの保育の日」

 

419_27_img01

 

4月19日は、4(フォー)19(いく)=「みんなの保育の日」

「みんなの保育の日」とは

ニュースで取り上げられる「待機児童問題」だけではない、

「保育」の奥深さ・そして大切さを、保育業界で働いている人だけでなく、

行政、政治、メディア、子育て家庭…さまざまな立場にある人たちと共有することで、

「子どもを社会のみんなで育てる」ムーブメントを創り出していこう!

というプロジェクトです。

 

「みんなの保育の日実行委員会」は、

「保育」を「子どもを社会みんなで育てること」と定義することに賛同した、

事業者15社で構成されています。

HAPIKUの運営会社であるグローバルキッズも参加しています。

 


大盛況のうちに終了!

第一回みんなの保育の日2017 ~子どもは社会で育てよう!~

 

去る4月19日、六本木ニコファーレにて記念すべき第一回目のイベントが開催されました。

テーマは「子どもは社会で育てよう」

 

ニコニコ生放送でも配信されましたが、みなさんご覧いただけましたでしょうか?

午後1時から8時までの、7時間!
小池都知事のビデオメッセージに始まり、保育にかかわる多彩なプレゼンターやパネリスト達が登場し、非常に中身の濃いプログラムとなりました。

 

平日でしたが会場には約300人の来場があり、また当日のニコニコ生放送視聴者は約2万8000人にも上りました。

新聞やTVなどのメディアでも取り上げられ、今年初めての試みではありましたが、大成功に終わりました!

 

当日の様子は、下記の日経DUALサイトでもご覧いただけますよ!
ホリプロえんちょー安田美香さん(当日の司会者)によるイベントレポートです。

 

・ 保育の未来「子どもは社会で育てる」を語ろう|ホリプロ保育園DUAL出張所

「みんなの保育の日2017」をリポート(上) 保育業界に携わるイノベータ―が集結

 

・ 塩崎大臣 保育士待遇、待機児童、働き方改革を語る|ホリプロ保育園DUAL出張所

「みんなの保育の日2017」をリポート(下) 政府は保育に対してやる気、あるの? 男性の育休取得率アップですべきことは?

 

また、当日見られなかった方に朗報です!

動画は、みんなの保育の日実行委員会が編集中。近日中にYouTubeにてご覧いただけると思います。

 

4月19日は「みんなの保育の日」。

年に1度だけでなく、社会全体が「保育」や「子ども」について真剣に考え続けること。
子どもも大人も生き生きと輝ける社会を目指していきたいですね!

HAPIKUは今後も応援していきたいと思います!

 

minnanohoiku2017-001
グローバルキッズの田浦取締役も登壇!「こどもみらいラボ」より

〉プログラムの内容等詳細はこちら:「みんなの保育の日」公式Webサイト

 


 

HAPIKU ×「みんなの保育の日2017」特集記事

  • 園長たちのスペシャル座談会
    保育園が考える「子どもは社会で育てよう!」ってどんなこと?
    ★スペシャル座談会はこちら
  • みんなからのメッセージ「子どもも大人もHAPPYな社会をつくろう!」
    今回のテーマである「子どもは社会で育てよう!」に対するHAPIKU読者の皆さんからのメッセージをご紹介!
    ★みんなからのメッセージはこちら

「子育てしやすいHAPPYな社会ってどんな社会?」

「どうしたら少子化や待機児童問題が解決すると思う?」
「子育ての楽しさ大変さ…もっとこんな社会になったらいいな」など、
皆さんからのメッセージを募集中です!(一言でも、長文でもOK♪)

 

メッセージを送る

 


 

こちらも注目!「みんなの保育の日」関連Webサイト

・株式会社フォトクリエイト『伝えよう。先生への「ありがとう」』