<font>自然の中で動物とふれあえる♪</font><br>
信州塩尻農業公園・チロルの森(長野県)

信州塩尻農業公園 チロルの森は、山の中の地形を活かしたオーストリア・チロル地方をイメージした農業テーマパークです。車では長野自動車道 塩尻インター・岡谷インターより約15分、JRでは中央線 塩尻駅より車で約20分のところにあります。

 

この日は1歳7ヵ月の我が子と、3歳と6ヵ月の甥っ子家族と出かけました。

暑い日でしたが、林の中のテーマパークなので木陰があり涼しかったです。ゲートをくぐるときれいに整備された芝生とバラが出迎えてくれました。

私の子どもはバラの手入れをしている作業員さんに夢中に。芝刈りなども開園時間中に行っていたりして、農場の日常を垣間見ているような感覚です。

 

cafe098_img01

 

チューチュートレインという園内を回る汽車型のバスに乗ってメインエリアのふれあいまきば丘エリアへ。約5分間の乗車ですが乗り物好きな子どもはとても楽しそうに乗っていました。

 

cafe098_img02

 

ふれあいまきば丘エリアでは、ピザや石窯パン、手作りソーセージ、ソフトクリームなどが食べられます。お店もおしゃれなつくりで、屋外テラスもかなり広いです。私たちはソーセージを購入しましたが、グルテンフリーの表示があり、アレルギーっ子の親としてはとても有難く感じました。また、ゴミ箱が数多く設置されています。ぜひ分別して捨てて行きたいですね。

授乳室おむつ替え用の部屋もあり、脇には小さなテーブルと絵本の置いてあるエリアも設けられていました。少し疲れてしまった時の休憩場所としても使えそうです。おむつ替えのおむつも捨てて行けるようになっていました。これはうれしいですね。

 

ウサギ・リス・アルパカ・牛・ヤギ・羊・ウマ・ロバ・ニワトリ・アヒル・鴨などたくさんの種類の動物ともふれあえます。餌をあげたり触ったりできますし、乗馬体験もありました。大人用・子ども用の軍手やミトンが用意されていて、餌をあげる時には必ず着用するようになっていました。餌のあげ方の注意点などがわかりやすく掲示されていて、テーマパーク側の安全面への配慮が感じられます。

(餌やりの事故などありますので、動物とふれあうときは必ずお子様から目を離さないでくださいね。)

 

子どもたちは初めて近くで見るいろいろな動物に興味津々!ミトンをはめた手をぎこちなく使いながらなんとかウサギに触ろうと必死になっている姿がとても可愛らしく、連れてきて良かったな~と感じました。

 

cafe098_img03

 

今は年齢的にできませんが、体験コースも豊富です。搾乳体験や、パン・ピザ・クッキー・そば打ち・アイスなどの食の体験コースの他、ガラス工芸やオカリナ絵付けなどクラフト体験もあります。こちらも楽しそうです!

その他、ゴーカート・芝すべり・アクアチューブ・ゲームコーナーなどちょっとした遊び場もありました。

 

cafe098_img04

 

晴れの日の訪問がオススメです!

子育てパスポートを使えば大人700円(通常1000円)で入れます。我が子はまだまだお昼寝が必要な年齢ですので、滞在時間は2時間ほどでしたが、かなり楽しめました。

 

「信州塩尻農業公園 チロルの森」概要

運営会社 株式会社ファーム
住所 〒399-0651 長野県塩尻市大字北小野相吉5050
TEL 0263-51-8100
開園時間 平日:10:00~17:00/休日:9:30~17:00(最終入場16:00)
休園日 毎週火曜日

※8月は無休。11月下旬~3月下旬は冬期休園。

入園料 おとな 1,000円/こども(4歳~小学生) 600円

※0~3歳は無料

WEBサイト 信州塩尻農業公園 チロルの森 公式

※営業時間や休園日の詳細は公式WEBサイトをご覧ください

 

HAPIKUサポーター/すずき あやこ

profile_supporter-suzukiayako1984年生まれ。フルタイムで仕事に復帰しながら、1児の母として育児に奮闘中。時間に追われる日々の中で、週末に家族と過ごすのが一番の楽しみ!息子が小麦アレルギー(完全除去)のため食事に気を使っています。

 


 

cafe_supporter-bnr

この記事のキーワード:
おでかけ部